総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事更年期障害 Pet

子宮

子宮がん
子宮
美容の法則 女性の悩み〜女性病編〜

子宮というのは、骨盤(こつばん)のほぼまんなかにある、西洋ナシのような形をした臓器です。大きさは、全長7センチメートル、最大幅は4.3センチメートル、厚さ2.5センチメートルです。妊娠していないときには、レモンほどの大きさをしています。

●子宮体部(しきゅうたいぶ)と子宮頚部(しきゅうけいぶ)
子宮は、上方の3分の2を「子宮体部」、下方3分の1を「子宮頚部」といいます。子宮体部の頂上を「子宮底」といいます。
子宮頚部の下の部分が膣(ちつ)に通じていて、子宮頸部の一部で、膣内の飛び出している部分があり、それを「子宮膣部」と呼びます。
子宮膣部には、子宮頚観への入口となる「子宮口」が開いていて、子宮体の内部は「子宮腔」といって、空洞になっています。
妊娠して胎児が成長するのは、この空洞の部分においてです。

この子宮(しきゅう)にできたがんを「子宮がん」といい、乳がんと同様、女性に特有のがんの代表的なものです。
子宮がんには2種類あり、子宮頚部にできる「子宮頸癌(しきゅうけいがん)」と子宮体部にできる「子宮体癌(しきゅうたいがん)」です。

子宮がんは、早期発見により治る可能性があるがんです。ただし、同様に女性特有のがんの代名詞ともいえる「乳がん」と異なり、子宮がんは自分で触って発見する(自己診断法)ことは不可能です。最近では、集団検診も普及してきていますので、定期的に検診を受けることが子宮がんを早期発見し、進行を食い止める非常に重要な手段です。
子宮たいがん、子宮けいがん共に、初期症状として不正出血がみられます。不正出血がみられたら、即、専門の医師の診断を受けることが大切です。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by 美容の法則 女性の悩み 女性病 at 17:14 | Comment(0) | 子宮のがん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

卵巣腫瘍【卵巣嚢腫と充実性腫瘍】

卵巣がん
卵巣腫瘍【卵巣嚢腫と充実性腫瘍】
美容の法則 女性の悩み〜女性病編〜
houkyou.jpg


卵巣腫瘍は、大きく2つに分けることができます。
その2つとは、良性であることが多い「卵巣嚢腫(のうしゅ)」と、悪性であることが多い「充実性腫瘍」です。
卵巣腫瘍のうち9割は「卵巣嚢腫」です。
残り1割が「充実性腫瘍」で、このうち8割が悪性であり、その代表的なものが卵巣がんなのです。

卵巣嚢腫は、卵巣腫瘍の中に分泌液が溜まってしまう袋状のものを指します。
卵巣嚢腫は、この袋の中身によって、毛髪や歯、骨、皮膚などが含まれている成熟嚢胞性奇形腫(類皮嚢胞腫、皮様嚢胞腫)、子宮内膜の組織や血液がたまることによりチョコレート色になる腫瘍のチョコレートのう腫、中にサラサラとした液体がたまる漿液性嚢腫(しょうえきせいのうしゅ)、ゼラチンのようなドロドロした粘液がたまる粘液性嚢腫(偽ムチン嚢腫)など、様々な種類があります。

充実性腫瘍は、卵巣の細胞が増殖してできた腫瘍で、触ると硬いので、腫瘍が大きくなって、おなかを触って硬くなっていることからわかる場合があります。
腫瘍が小さいうちは自覚症状がなく、腫瘍が大きくなって、硬いしこりや下腹部痛が起こるときがあります。
良性から悪性に移行することもあります。
充実性腫瘍は、腫瘍全体が充実成分(固形成分)である腫瘍と、充実成分・液体成分で構成される腫瘍があります。

卵巣嚢腫・充実性腫瘍とも小さいうちは自覚症状がありません。
腫瘍が大きくなり、腹部の圧迫感や不正出血、体重が増えないのにおなかがぽっこりしてくるなどの症状が出てわかることがあります。
卵巣がんは発見が難しいがんですが、子宮がん検診の時に卵巣のチェックも一緒に行うことで早期発見できる場合もあります。
子宮と卵巣をセットにして、定期健診することをお勧めします。


posted by 美容の法則 女性の悩み 女性病 at 11:13 | Comment(0) | 卵巣がん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子宮内膜症

子宮内膜症(知っておきたい 子宮内膜症)
女性の悩み 子宮内膜症

女性の悩み 子宮内膜症(1)
女性の悩み 子宮内膜症(2)
女性の悩み 子宮内膜症になりやすい人
女性の悩み 子宮内膜症と生理(1)
女性の悩み 子宮内膜症と生理(2)
女性の悩み 子宮内膜症と生理(3)
女性の悩み 子宮内膜症の検査方法(1)
女性の悩み 子宮内膜症の検査方法(2)
女性の悩み 子宮内膜症【チョコレート嚢腫(のうしゅ)】
女性の悩み 子宮内膜症と年代(1)
女性の悩み 子宮内膜症と年代(2)
女性の悩み 子宮内膜症と不妊(1)
女性の悩み 子宮内膜症と不妊(2)
女性の悩み 子宮内膜症は働く女性に多い
女性の悩み 子宮内膜症は進む病気である
女性の悩み 子宮内膜症の治療法(1)
女性の悩み 子宮内膜症の治療法(2)
女性の悩み 子宮内膜症の治療法(3)
女性の悩み 子宮内膜症の治療法(4)
女性の悩み 子宮内膜症の治療法(5)
女性の悩み 子宮内膜症の意味
女性の悩み 子宮内膜症の内容
女性の悩み 子宮内膜症の症状(1)
女性の悩み 子宮内膜症の症状(2)
女性の悩み 子宮内膜症の症状(3)
女性の悩み 子宮内膜症という病気
女性の悩み 子宮内膜症と早期発見
女性の悩み 子宮内膜症と不正出血
女性の悩み 子宮内膜症のできる場所
女性の悩み 子宮内膜症の注意点

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by 美容の法則 女性の悩み 女性病 at 11:26 | Comment(0) | 子宮内膜症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性のがん「子宮がん」

女性の悩み 女性病編 子宮がん
女性のがん「子宮がん」

女性の性器にできる代表的な癌(がん)が、「子宮がん」です。

早期発見によって治癒の可能性があるがんです。集団検診による早期発見が進んだおかげで、死亡率は減少しつつあります。しかし、それでもなお死亡者は4000人近いと言われています。
子宮がんには2種類あります:「子宮頸癌(しきゅうけいがん)」と「子宮体癌(しきゅうたいがん)」です。ともに初期症状に「不正出血」が見られます。出血があったら、万一を考え、一刻も早く医師の診断を受けることが大切です。
初めは、それぞれ「子宮頚部(しきゅうけいぶ)」、「子宮体部(しきゅうたいぶ)」にできたがんが、そのまま放置しておくと、膣(ちつ)、骨盤(こつばん)へと入り込み、骨盤内にある多数のリンパ節や、そのほかのリンパ節から全員に転移してしまうのです。

子宮がんは、なおるがんです。しかも、がんが発見されたのが、初めての妊娠によって医師の診断を受けたときだった、ということが決して少なくありません。そのときの精神的ショックがどれほど大きいかは、想像を絶するものがあります。病気のご本人にしかわからない複雑な思いもあることでしょう。
手術の不安や命の不安はもちろんですが、子宮がんの場合、たとえがんは手術で取り除かれたとしても、同時に子宮を失ってしまうことへの恐怖、術後のご主人やパートナーとの性生活、など、女性のがん特有の不安や恐怖がつきまといます。
女性のがんではありますが、女性だけでなくご主人(パートナー)、ご家族全員で受け止める必要があります。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by 美容の法則 女性の悩み 女性病 at 09:47 | Comment(0) | 子宮のがん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

乳がんのホルモン療法

女性の悩み 女性病編 乳がん治療
乳がんのホルモン療法

乳がんが早期発見された山田邦子さんが、外科手術、放射線治療の後、受けているがん治療がホルモン治療です。
ホルモン療法とは、抗ホルモン剤の投与により血液やリンパ液によって全身に散らばった可能性のあるがん細胞の増殖を抑えて、がんの転移・再発を防ぎます。
この療法は、ホルモンが関係する乳がんや子宮体がん、前立腺がんなどに効果のあるがん治療です。

がんの成長に必要なホルモンを止めることで、がん細胞に栄養が届かず、がんの発育の阻止が期待できます。
山田邦子さんが飲んでいるノルバデックス(一般名タモキシフェン)は、エストロゲンという女性ホルモンの働きを妨害して、がんに栄養が届かないようにする治療薬です。
がんの発育阻止のコントロールをする治療薬なので、長期間の治療となります。
ノルバデックスでの治療期間は5年です。

ホルモン療法は正常な細胞を攻撃しないので、吐き気やだるさ、脱毛といった大きな副作用はあまりありません。
しかし、抗ホルモン剤の投与によって更年期障害などの副作用があります。
男性がかかる前立腺がんでは男性ホルモンと強いかかわりがあります。
前立腺がんでは精巣を取ってしまう場合もありますが、それができない場合などは抗ホルモン剤を投与することとなります。
そのため、この場合の抗ホルモン剤は男性ホルモンを抑える女性ホルモン剤を投与します。
このため、副作用で女性と同じような更年期障害の症状が起こることがあります。

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

もしも定額給付金が100万円だったら・・・



posted by 美容の法則 女性の悩み 女性病 at 09:49 | Comment(0) | 乳がん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。