総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事更年期障害 Pet

子宮筋腫と子宮腺筋症




女性の毎月のお悩みに。こだわりのマカ。

momobgyoko.JPG

子宮筋腫と子宮腺筋症
美容の法則 女性の悩み 女性病編

子宮筋腫・子宮内膜症・子宮腺筋症 あなたの答えがみつかる本―治療も人生も自分で決めよう!

子宮筋腫・子宮内膜症・子宮腺筋症 あなたの答えがみつかる本―治療も人生も自分で決めよう!

  • 作者: 佐々木 静子
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2003/01
  • メディア: 単行本



子宮筋腫は過多月経や月経困難症といった症状が特徴ですが、この症状がさらに強い場合には子宮腺筋症の可能性があります。

子宮腺筋症とは子宮内膜症の一つで、子宮筋層に内膜症細胞が増殖し、子宮の壁の一部が硬くなったり、子宮が腫れて肥大する病気です。
無症状の場合もありますが、多くの場合は日常生活に支障をきたすほどの激しい月経痛や過多月経を伴います。
また次第に症状が強くなるのも特徴で、不妊の原因になることもあります。

子宮筋腫は成人女性の10人に1人が持っているのに対し、子宮腺筋症は5人に1人が持っていると言われ、子宮筋腫より発生の多い病気です。
年齢別にみると、妊娠、出産を経験した35歳から50歳までの女性に多く発生していますが、最近では子宮筋腫と同様に低年齢化し、20代で発見されるケースもあります。

治療はこれまで子宮全摘出手術が最も多く行われていましたが、最近では子宮筋腫のように核手術を行うことも増えています。
子宮がそれほど肥大していない場合には薬物療法で様子をみることもあります。

子宮筋腫と症状や所見が似ている上に内診や超音波診断だけでは区別が難しいため、子宮筋腫と診断されることもありますが、両者は互いに合併症として発生することも多いため、正確に区別されなくても支障がないというのが実情です。

閉経を迎えれば解決する病気ですが、辛い症状があるならば適切な治療を受けることが大切です。
新しい子宮筋腫の治療方法として注目を集めているFUSやUAEが子宮腺筋症に適用できるということで、今後の治療に期待がされています。

posted by 美容の法則 女性の悩み 女性病 at 18:59 | Comment(0) | 子宮筋腫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子宮筋腫とは

健康 医療 病気予防【体の細道】
http://body-hosomichi.seesaa.net/
一日の抜け毛の量は?

149197.jpg
女性の悩み 女性病編:子宮筋腫とは
【記事の詳細】

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

 




posted by 美容の法則 女性の悩み 女性病 at 12:27 | Comment(0) | 子宮筋腫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子宮筋腫と体験談

女性の悩み「生理痛」「偏頭痛」に効果大!
生理痛ならハーブサプリメント

momobgyoko.JPG

子宮筋腫と体験談
美容の法則 女性の悩み 女性病編

子宮筋腫が小さくなる 18人の患者が体験した奇跡の手

子宮筋腫が小さくなる 18人の患者が体験した奇跡の手

  • 作者: 小松忠義/高須賀華生
  • 出版社/メーカー: 新風舎
  • 発売日: 2007/05/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


現在、多くの女性が子宮筋腫の症状で悩んでいますが、その診察や治療方法、手術に対しては漠然と不安を抱えています。
子宮筋腫の代表的な症状は過多月経や月経困難などで、女性特有の症状だけに他人には相談しにくく、独りで抱え込んでしまうことも多いようです。

子宮筋腫の不安を解消する方法として、子宮筋腫の女性の体験談を読むことをお勧めします。
子宮筋腫の体験談を探すと意外に多くの女性が同じ症状を経験していたことに気がつき、それだけでも不安が和らぎます。
また的確なアドバイスや回答を得られ、時には病院や医師の評判や実態を知ることもできます。

子宮筋腫の手術に多い子宮全摘出手術では、特に術前の不安が大きいようです。
手術を受ける場合は、事前に手術の体験談をぜひ読んでおくとよいでしょう。
子宮を失った悲しみを乗り越えて、辛い症状から解放された快適な人生を送っている人も多くいます。
子宮筋腫の体験談を読めばきっと勇気づけられることでしょう。

体験談の多くは病院へ行く動機づけから始まり、病院や医師の選択、診察方法や治療の選択など、子宮筋腫の病状の経過に沿って細かく記してありとても役立ちます。
病院の説明より現実的であり、良い面、悪い面などの実態を知ることができます。

体験談はネット上で探すほか、書籍などにも載っています。

これまでにも多くの女性が体験談によって不安を解消し、勇気づけられてきました。
体験談で勇気づけられた人は、自分の記録を兼ねて、これから子宮筋腫の治療を受ける人のために体験談を残してもよいでしょう。

子宮筋腫・子宮内膜症・子宮腺筋症 あなたの答えがみつかる本―治療も人生も自分で決めよう!

子宮筋腫・子宮内膜症・子宮腺筋症 あなたの答えがみつかる本―治療も人生も自分で決めよう!

  • 作者: 佐々木 静子
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2003/01
  • メディア: 単行本





posted by 美容の法則 女性の悩み 女性病 at 20:28 | Comment(0) | 子宮筋腫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子宮筋腫と合併症

もう、ニオイに悩まない!良香生活  Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

子宮筋腫と合併症
美容の法則 女性の悩み 女性病編

メディカルDomani-女性のための病気&名医バイブル (小学館実用シリーズ LADY BIRD)

メディカルDomani-女性のための病気&名医バイブル (小学館実用シリーズ LADY BIRD)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2007/02
  • メディア: 大型本


子宮筋腫で注意すべきことの一つに合併症があります。
子宮筋腫はそれだけで辛い症状が表れることがありますが、他の病気や症状と重なってさらに深刻な状態になることがあります。

よく見られるものは子宮内膜症との合併症です。
子宮内膜症とは子宮以外の場所に子宮内膜ができる病気で子宮筋腫と同様な症状が表れます。
子宮内膜症の中でも特に子宮内膜の組織が子宮筋層内にもぐりこんで増殖してしまうものを子宮腺筋症と言います。
子宮腺筋症との合併症は筋腫を持っている女性の30%から40%に見られると言われています。
30代後半以降の女性に多くみられる病気ですが、最近では妊娠、出産経験のない若い女性にも見られるようになっています。

まれに卵巣嚢種や子宮内膜症などを併発する例もあります。
放置すると生命に関わることもあるため、体調の異変を感じたら早めに受診することが大切です。

また、子宮筋腫を持ったまま妊娠した場合、流産や早産、胎児発育遅延などの合併症を起こす可能性が高くなります。
妊娠すると筋腫は経過とともに大きくなり、子宮内腔を圧迫したり卵膜を刺激したりします。
そのため子宮は収縮をおこしやすくなったり、破水しやすくなり、早産や流産を引き起こすのです。
子宮筋腫と胎盤の付着している部位にもよって妊娠への影響の度合いは異なり、全く影響せずに通常の妊娠経過をたどることもあります。

子宮筋腫との合併症では単独の場合よりも治療方法が制限されることがあり、医師と相談の上で慎重に選択することが必要になります。

医者に聞けないことまでわかる子宮筋腫

医者に聞けないことまでわかる子宮筋腫

  • 作者: 北出 真理
  • 出版社/メーカー: 主婦と生活社
  • 発売日: 2002/03
  • メディア: 単行本





posted by 美容の法則 女性の悩み 女性病 at 20:27 | Comment(0) | 子宮筋腫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子宮筋腫が発生しやすい女性

女優・音無美紀子さんも絶賛のローション!
  Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

子宮筋腫が発生しやすい女性
美容の法則 女性の悩み〜女性病編〜

30歳からの「女性のからだ」の守り方―なんとなく不調…は病気のサイン (オレンジページOTONA生活科からだ講座)

30歳からの「女性のからだ」の守り方―なんとなく不調…は病気のサイン (オレンジページOTONA生活科からだ講座)

  • 作者: 坂本 伊豆美
  • 出版社/メーカー: オレンジページ
  • 発売日: 2007/10
  • メディア: 単行本


子宮筋腫が女性によくある病気と言っても、筋腫がある女性とない女性、症状が軽い女性と重いなど現実にはさまざまな女性がいます。
子宮筋腫の原因は明らかになっていませんが、実際に子宮筋腫ができやすい女性がいるのは否定できないようです。

妊娠、出産経験が少ない女性は子宮筋腫が発生する可能性が高いと言われています。
これは女性の生活環境が激変して晩婚化が進み、子どもを産む回数が減った現代の女性に子宮筋腫が増えていることにもつながっています。

またピルなどのホルモン剤を服用していた人も子宮筋腫が発生しやすくなります。
これは筋腫が女性ホルモンと深い関わりがあることから、ホルモン剤の服用によって女性ホルモンが過剰になるためだと考えられます。

また、不規則な生活やストレスによる免疫力が低下している女性も筋腫が発生しやすくなります。
ストレスは筋腫に限らず健康を害するものですが、ストレスによってホルモンのバランスが崩れることや、免疫力の低下によって筋腫の発生を抑える力が足りなくなることが原因だと考えられます。
また中国医学ではストレスにより血が滞ることが筋腫の原因になると考えられています。

20代後半以降で生理不順の女性は子宮筋腫ができやすいと言う説もあります。
これは明確ではなく、生理不順という時点で既に子宮筋腫を持っている可能性が考えられます。
特に頻発月経の場合は婦人科の検査を受けることが望まれます。
また遺伝による発生も多いことが分かっています。
家族や親族に子宮筋腫の女性がいる場合は特に注意する必要があるでしょう。







posted by 美容の法則 女性の悩み 女性病 at 21:22 | Comment(0) | 子宮筋腫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子宮筋腫と手術の費用

子宮筋腫の治療として手術は最も確実な方法として広く行われています。
一口に手術と言ってもその方法はさまざまで、筋腫の場所や大きさ、数などによって制限があります。
またメリットとデメリットがあり、患者の希望を優先に医師と相談して決定することになります。

そこで最も気になることの一つは手術にかかる費用でしょう。
費用は病院や細かい処置によって異なってきますが、ここでは手術毎の一般的な費用相場を比較します。

子宮全摘出手術は筋腫の再発の恐れがない根治治療で、妊娠を望まない女性を対象にあらゆる筋腫に対応できる手術です。
子宮全摘出手術には腹式法と膣式法、腹腔鏡法の3種類があります。
膣式法は20万円程度、腹式法と腹腔鏡法では20万円から25万円程度の自己負担費用が必要となります。

筋腫だけを切除する筋腫核手術は再発の危険性は消えませんが、手術後に妊娠が望める方法です。
腹式法、腹腔鏡法、子宮鏡法があり、腹式法は15万円から20万円、腹腔鏡法は20万円、子宮鏡法では8万円から10万円の自己負担費用が必要です。

最近では新たな手術方法が取り入れられるようになりましたが、その一つである子宮動脈塞栓術は40万円から60万円、集束超音波治療では55万円から85万円の費用がかかります。
これらの方法はまだ日本では健康保険が適用しないため、高額な費用負担になります。
今後は新しい治療方法が普及して健康保険の適用が認められること、そして子宮筋腫治療の選択肢が広がることが求められています。



posted by 美容の法則 女性の悩み 女性病 at 20:00 | Comment(0) | 子宮筋腫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子宮筋腫とタレント

子宮筋腫は成人女性の4人に1人が持っているといわれるほどありふれた病気です。
症状の軽い筋腫ならよいのですが、月経困難症などの辛い症状で苦しむ女性も多く、中には不妊などの夫婦の人生に関わる症状で悩む女性もいます。

私達が普段テレビや雑誌でよくみかける女性タレントの中にも、子宮筋腫で悩んでいたり治療や手術を受けているという話題をしばしば耳にします。

プロレスラーのジャガー横田さんが妊娠会見時に、筋腫手術を受けていたことを告白して話題になったことは記憶に新しいでしょう。
ジャガー横田さんは当時44歳で、子宮筋腫を持っていました。
それ以前の検査で医師から妊娠する可能性は0%、筋腫を切除しても5%から6%と診断されていたということです。
それからも体外受精を試みていましたが、その後自然妊娠が叶ったのでした。
このジャガー横田さんの妊娠は、不妊治療中の夫婦や筋腫を持つ女性に大きな希望を与えました。

また、元フジテレビアナウンサーの中井美穂さんが、2002年に子宮筋腫の手術を受けたというニュースも報道されました。
野球選手である古田敦也さんとの間にまだ子供はなく、筋腫が原因であったとの見方もあります。
他にも国生さゆりさん、漫才師のさゆりさん、喜多島舞さんなどが筋腫であったことを告白しています。

タレントも私たちと同じ女性ですから病気になっても不思議はありません。
テレビで活躍している女性タレントが筋腫を持っていたという話題には一般女性の関心が高く、筋腫を乗り越えたという話題は私達に勇気と希望を与えてくれます。



posted by 美容の法則 女性の悩み 女性病 at 20:00 | Comment(0) | 子宮筋腫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子宮筋腫と医師

子宮筋腫に関わらず、大きな手術を受ける時には誰もが優れた医師に執刀してもらいたいと思うでしょう。

病院ではさまざまな病気を扱い、婦人科だけでもさまざまな分野があります。
医師によって得意な分野、不得意な分野があるのは仕方がないことで、病院の都合で必ずしも自分の受ける治療を得意とする医師が担当にならないこともあります。

同じ専門の医師であれば同じ水準であると思ったら間違いで、医師の中にも優劣が生じているのが現実です。
またテレビや新聞では医療ミスや逮捕事件が次から次へと取り挙げられています。
最近でも60代の医師資格を持たない整体師の男性が、子宮筋腫で悩む何人かの女性に対して医療行為を繰り返して逮捕されたという事件が起こり話題になりました。

そこで子宮筋腫の治療に優れた信頼のできる医師を探すためには情報収集が大切です。
自分で大きな病院を回って病院関係者から情報を得るなど、実際に診察を受けてみることが最も確実な方法です。
またインターネットなどでも多くの情報を集めることができます。

名医と呼ばれているだけではなく、患者の質問に答えてくれるか、治療の説明をしてくれるかということも医師を選ぶ際に重要なことです。

さらに経験豊富な医師であればそれだけ多くの症例を知り、的確なアドバイスが期待できます。
また特殊な手術を何例も成功させてきた医師ならば、安心して同じ手術を任せられます。
特に子宮筋腫の手術は新しい技術を要するものが多く、その手術に精通した医師であることは何よりも安心なことです。


posted by 美容の法則 女性の悩み 女性病 at 20:00 | Comment(0) | 子宮筋腫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子宮筋腫と子宮内膜症

子宮筋腫と同様に月経異常などの症状が表れる病気に子宮内膜症があります。
子宮内膜とは子宮の内側を覆っている粘膜のことで、妊娠時に受精卵が着床するベッドの役割があります。
妊娠しなければ子宮内膜ははがれ落ちて月経血となって体外へ出されます。
子宮内膜は本来子宮の内側にあるべきものですが、子宮内膜症では子宮以外の場所にできて、増殖、剥離を繰り返します。
子宮以外の場所で増殖した子宮内膜は、腹腔内で炎症や癒着、痛みを引き起こします。
子宮内膜症は腹膜や卵巣、子宮と直腸のくぼみなどにできやすく、特に卵巣にできたものを卵巣チョコレート嚢胞と呼びます。

子宮内膜症の女性が増えている原因として、晩婚化や晩産化によって女性が一生の間に経験する月経回数が増えていることが挙げられています。

子宮内膜症は自覚症状がなく、生涯気付かずに過ごす人も多い病気ですが、中には辛い症状が表れる人もいます。
代表的な症状は月経異常で、子宮筋腫と異なり月経のたびにだんだんひどくなります。
日常生活に支障をきたすほど重症な月経痛が起こる人もおり、吐き気やめまいを伴うこともあります。

また、月経痛以外に下腹部痛や腰痛、股関節痛などの症状が表れることもあります。
生命に関わる病気ではありませんが、閉経まで完全に治ることがなく、症状に応じて適切な治療を受けながら、閉経まで付き合っていく病気です。

症状だけでは子宮筋腫との区別が困難ですが、臨床診断によってある程度は予測が可能です。




posted by 美容の法則 女性の悩み 女性病 at 20:00 | Comment(0) | 子宮筋腫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子宮筋腫と子宮肉腫

子宮筋腫と似ているものに子宮肉腫があります。
子宮肉腫とは悪性腫瘍のことで、さらに「がん」と「肉腫」に分けられます。
がんは子宮の上皮組織から発生するのに対し、肉腫は子宮の上皮以外から発生する腫瘍です。

子宮肉腫は悪性腫瘍の中でも発生率の低い病気で、子宮頸部より子宮体部に多く発生しています。
子宮筋腫と症状が似ているため区別が難しい病気ですが、診断の目安は次のようになっています。

筋腫は月経時に下腹部や腰の痛みが見られるのに対し、子宮肉腫は痛みが月経に関わらず持続します。
そして月経以外に不正出血がみられることがあります。

また子宮筋腫はおりものの分泌は多くありませんが、子宮肉腫は褐色や黄色のおりもの、水様のおりものが分泌されることがあります。
肉腫に他の臓器が圧迫されると痛みを伴うのも子宮肉腫の特徴です。
子宮筋腫は閉経後に小さくなりますが、閉経後に大きくなっている肉腫は子宮肉腫の可能性があります。

子宮肉腫は診断が難しく、確定診断は手術によって行われます。
子宮筋腫の手術中に肉腫が見つかることもあります。
その場合は筋腫だけを取り除いて一旦手術を終了し、再び回復手術で子宮全摘出を行うことになります。

子宮肉腫の進行が進んでいる場合には手術による治療は不可能であり、科学療法や放射線療法で進行を遅らせたり、痛みを和らげたりする治療が中心になります。

下腹部の痛みや出血など子宮筋腫のような症状があっても自分で筋腫と決めつけず、CTやMRIなどの設備がある婦人科で検査を受けることが望まれます。




posted by 美容の法則 女性の悩み 女性病 at 20:00 | Comment(0) | 子宮筋腫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子宮筋腫と子宮動脈塞栓術

子宮筋腫の有効な治療方法の一つに子宮動脈塞栓術があります。
これは皮膚に入れた小さな穴からカテーテルを動脈内に挿入し、筋腫の栄養動脈を閉塞して栄養を絶つ方法です。
この治療で多くの患者の筋腫が縮小し、症状が緩和しているということです。

動脈塞栓術は子宮の出血を止める方法として、以前より分娩後や手術後の止血に広く行われていました。
子宮筋腫の治療としては1995年にフランスの医師が行ったことから始まりました。
世界的にはUAEと呼ばれ、新しい治療法ですが現在では日本でもほとんどの都道府県で治療が受けられるようになっています。

子宮動脈塞栓術には、子宮が温存できる、大きな傷跡が残らない、他の臓器への影響が少ない、副作用が少ない、筋腫の再発する危険性が低いなど多くの優れた点があります。

その反面、少数ですが治療効果が上がらないこともあり、別の治療が必要となります。

また、筋腫を摘出しないため、筋腫が良性か悪性か検査できないという問題もあります。
病院によってはMRI検査によって事前に良性か悪性かを明確にしています。

さらに日本では子宮動脈塞栓術に健康保険が適用しないため、45万円程度の高額な自己負担額が必要となります。
ただし加入している生命保険によってはカテーテル手術が支払対象になっている場合があり、負担が少なくて済みます。

また子宮動脈塞栓術は副作用が少ないものの、術後に軽度の下腹部痛をほとんどの人が経験しています。
これは痛み止めの注射によって対応されています。




posted by 美容の法則 女性の悩み 女性病 at 20:00 | Comment(0) | 子宮筋腫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子宮筋腫と集束超音波治療

近年、新たに行われている子宮筋腫の治療に集束超音波治療があります。

集束超音波治療とは超音波の振動エネルギーを筋腫に集中させて筋腫細胞を壊死させる治療方法です。
これは虫眼鏡で太陽光を1点に集中させると、焼け焦げるほど熱を集める原理を応用したもので、通称FUS(ファス)と呼ばれています。

体を傷つけず安全で、日帰り手術が可能なこと、これまでに80%程の患者の症状が改善したという報告から、日本でも注目を集めている治療です。

実際の治療で患者は集束超音波装置の台へうつぶせになります。
腹部をベルトで固定し、痛み止めを使用するため、熱さや痛みはほとんど感じません。

この集束超音波治療は米国で5年ほど前に導入され、米国では2004年に正式な治療として認可されています。
しかし日本ではまだ始められたばかりで、健康保険が適用されません。
そのため50万円から80万円の高額な治療費がかかってしまいます。

また集束超音波治療は筋腫を根治するものではなく、筋腫を小さくして症状を改善することを目的としています。
そのため再発の可能性も高く、その場合は再び治療を受けることになります。
また妊婦や筋腫の大きさ、場所によって治療できる筋腫に制限があり、十分に医師と相談した上で治療方法を選択する必要があります。

集束超音波治療はまだ日本では実施が少なく、子宮筋腫治療の有効な選択肢となることが期待される一方、治療効果が不確かで、将来的に保険で認められる可能性が低いことから、将来的な普及はないとの見方もあります。





posted by 美容の法則 女性の悩み 女性病 at 20:00 | Comment(0) | 子宮筋腫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子宮筋腫と再発

子宮筋腫はどのような治療をうけたとしても、子宮が残っている限り筋腫が再発する可能性があります。

西洋医学による薬物療法では一時的に症状が改善されますが、治療で使われるホルモン剤は長期使用ができず、治療を中止すると再び筋腫が大きくなり、もとの症状が表れます。

また筋腫核手術で筋腫のみを取り除いても、筋腫の芽を完全に取り除くことは難しく、再発の可能性は消えません。

閉経の近づいた40代ならともかく、20代、30代で子宮筋腫を治療しても、その後閉経までの長い期間女性ホルモンにさらされることになります。
そのため筋腫が再発して大きくなる危険性は高く、特に複数の筋腫があった女性は高い確率で筋腫が再発します。

再発した場合の再手術で筋腫だけを取り出すことは困難で、ほとんどの場合子宮全摘出手術を受けることになります。
子宮全摘出の後には筋腫で悩まされることはなくなります。

漢方や他の代替療法も治療効果がありますが、これも症状は改善するものの、筋腫自体が消失するものではないため、再発する可能性はあります。
しかし、これらの療法は辛い症状の改善とともに、体質を改善して筋腫を再発しにくくすることが目的の一つです。
体に負担の少ない治療で子宮筋腫の治療を望む人には適しているでしょう。

現在の医療では子宮を全摘出しない限り再発の可能性はなくなりません。
子宮筋腫は辛い症状を治療によって緩和しながら、閉経までの間根気よく付き合っていく病気なのです。





posted by 美容の法則 女性の悩み 女性病 at 20:00 | Comment(0) | 子宮筋腫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子宮筋腫と内視鏡手術

近年、子宮筋腫の治療において内視鏡手術が広まりつつあります。
内視鏡とは体の内腔を観察するためのカメラです。
開腹手術と違って傷跡がほとんど残らず、回復が早いため早期に退院でき、術後の癒着が少ない、出血量が少ないなどの長所があります。

内視鏡手術には子宮鏡が使われる手術と腹腔鏡が使われる手術があります。

子宮の内側にできる粘膜下筋腫を摘出する手術には子宮鏡が使われます。
子宮鏡を膣から子宮へ挿入し、電気メスによって筋腫を少しずつ削りとります。
ただし7センチ以上の大きな筋腫には向かず、他にもいくつかの条件を満たした筋腫にのみ行うことができます。

腹腔鏡手術は腹部に数か所穴を開けて細い管を挿入し、電気メスによって子宮筋腫を摘出する手術です。
筋層内筋腫と漿膜下筋腫に適応される手術で、子宮全摘出と筋腫だけを摘出する場合のどちらにも対応できる手術です。

内視鏡手術は特殊な設備と医師の技術、経験が必要とされるため、まだ限られた施設でしか受けることができませんが、今後医師の技術向上とともにさらに普及が見込まれています。
また、内視鏡手術は拡大鏡が使用され、近年では開腹手術に劣らない精密な手術が可能になりつつあります。

しかし内視鏡手術と予定されていて、手術途中に強い癒着や合併症が見つかり途中で回復手術に変更される例も少数起こっています。

内視鏡手術は医師によって技術の個人差があります。
手術前に医師からリスクを含めた説明を十分に受けることが大切です。



posted by 美容の法則 女性の悩み 女性病 at 20:00 | Comment(0) | 子宮筋腫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子宮筋腫と妊娠

子宮筋腫は不妊の原因になることもありますが、その一方では妊娠によって筋腫が発見されるケースも少なくありません。

子宮筋腫と妊娠の経過がどれほど関わりを持っているかはまだ不明な点が多くあります。
筋腫をもったまま妊娠した場合、多くの妊婦は初期に筋腫が発育してそれ以降は発育しないと言われています。
また、ある調査では50%以上の妊婦は妊娠期間に筋腫の大きさが変化せず、20%の妊婦は縮小したという報告もあります。

出産までの流産や早産のリスクは普通の妊婦より高くなっています。
これは筋腫が子宮を圧迫し、子宮内腔を変形させるためです。
中には筋腫が変性することにより、疼痛や発熱を起こすこともあります。
こういった場合には医師により適切な処置が行われます。

さらに子宮の下側や頸部に筋腫がある場合、胎児が出てくる時に邪魔をする可能性があります。
その場合には高い確率で帝王切開による分娩になります。

一般的に妊娠を希望している女性に対して、不妊、あるいはそれまでの流産、早産の原因が筋腫以外に考えられない場合には、妊娠前に筋腫を取り除く手術が勧められます。
しかしそうでなければ子宮筋腫があっても手術をせずに妊娠を待ち、妊娠したら症状に応じて適切な対処をしながら経過をみて、分娩を行うのが一般的です。

女性にとっては妊娠しているというだけでも不安なものですが、その上筋腫があるとなるとさらに不安は増大してしまうでしょう。
しかし現実に多くの女性が筋腫を持ったまま、無事に出産をしていることから、前向きに考えることが大切です。


posted by 美容の法則 女性の悩み 女性病 at 20:00 | Comment(0) | 子宮筋腫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子宮筋腫の種類

子宮筋腫は発生する場所によって種類に分けることができます。
大きくは子宮体部に発生する「体部筋腫」と子宮頸部に発生する「頸部筋腫」に分けられ、子宮筋腫全体の95%は体部筋腫です。

体部筋腫は位置によってさらに筋層内筋腫、粘膜下筋腫、〜膜下筋腫の3種類に分けられます。
筋層内筋腫は子宮の筋肉組織内にできる筋腫で、子宮筋腫全体の7割を占める一番多い筋腫です。
小さなものから握りこぶし大のものまで大きさはさまざまで、複数できることもあります。
小さいうちは症状が表れませんが、大きくなると子宮内膜の圧迫や内腔の変形を起こし、過多月経や月経困難症などを引き起こすこともあります。

次に粘膜下筋腫は子宮内膜のすぐ下に発生し、子宮の内側に向かって発育する筋腫です。
全体の1割程度と少ない発生率ですが、過多月経や不正出血などの症状が最も強く表れる筋腫です。
また子宮内膜に受精卵が着床しにくいため、特に妊娠がしにくくなります。

さらに粘膜下筋腫が茎を持って子宮壁とつながる「有茎粘膜下筋腫」では、まれに膣の中に筋腫が出てくる「筋腫分娩」が起こることもあります。

最後に?膜下筋腫は子宮の外側の漿膜にできる筋腫で、子宮筋腫全体の20%がこの種類です。
筋腫が大きくなっても症状が現れず、気付かないまま過ごす人も多くいますが、子宮から突出するように発育する「有茎漿膜下筋腫」では茎がねじれたときに激しい痛みを伴います。

いくつかの種類が合併して発生する子宮筋腫も多く見られます。



posted by 美容の法則 女性の悩み 女性病 at 20:00 | Comment(0) | 子宮筋腫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子宮筋腫と漢方

漢方は中国の伝統医学で、天然の生薬を2種類以上組み合わせて作られた漢方薬を処方して治療を行います。
子宮筋腫の治療において、西洋医学は薬物療法や手術によって筋腫を人工的に取り除く治療が行われますが、薬物による副作用は強く、手術も体に大きな負担をかけます。
これに対し漢方は、自然の薬物によって筋腫による辛い症状を取り除くことを目的としています。
さらに生活習慣を見直し、血行促進や冷えの解消などによって筋腫が大きくなるのを防ぎます。

また漢方では子宮筋腫の出来ている場所や数、大きさだけではなく、患者の体質に合わせて薬を選ぶという点でも西洋医学とは異なります。

漢方において子宮筋腫は「おけつ」という「血の滞り」が原因で起こる病気だと考えられています。
そこで治療では「駆?血剤」(くおけつざい)という種類の薬が一般的に使われています。
「駆?血剤」の代表的なものには「桂枝茯苓丸」(けいしぶくりょうがん)、「当帰芍薬散」(とうきしゃくやくさん)があります。
この2種類の薬によって多くの女性の症状が改善しています。
また「加味逍遥散」(かみしょうようさん)や「桃核承気湯」(とうかくじょうきとう)、「折衝飲」(せっしょういん)なども多く処方されています。

漢方薬は効果が表れるまでに時間がかかるという認識が広まっていますが、体質にあっていれば1週間から2週間で効果が表れることもあります。

近年では西洋医学の治療に漢方を取り入れる病院も増えています。
子宮筋腫の治療においても漢方を上手く取り入れることで、体に負担の少ない効果的な治療が可能になるでしょう。


posted by 美容の法則 女性の悩み 女性病 at 20:00 | Comment(0) | 子宮筋腫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子宮筋腫と子宮全摘出手術

子宮筋腫の治療の一つに子宮をまるごと切除する子宮全摘出手術があります。
この方法は筋腫が大きく重い症状を持つ妊娠を望まない女性に適した治療です。

子宮を摘出することによって起こる女性の体の変化には、月経がなくなること、妊娠が出来なくなることの2つがあります。

子宮を摘出すると女性らしさがなくなるとか、性生活ができなくなると考えている人も多くいます。
しかし女性らしさは臓器の有無ではなく内面から出てくるものです。
また女性らしさの要素の一つである女性ホルモンは卵巣が残っていれば分泌されるため、実際には女性らしさを失うことも、性生活ができなくなることもありません。

子宮全摘出手術は比較的体に負担が少ない手術です。
腹式手術の場合では手術の翌日には自分で走行できるようになり、食事も流動食を摂ることができます。
入院期間には個人差がありますが、2週間みれば十分だと言われています。
しかし退院後は無理をせず、なるべく腹圧をかけないように、適度に休息を取りながら日常生活に体を慣らしていくようにします。
最近ではお腹を切らない膣式手術も広く行われるようになっています。

どちらの方法にしても手術の後の定期健診を忘れずに受けて、慎重に回復を待つことが望まれます。

子宮を摘出したことに大きな喪失感を抱いてしまう女性もいます。
しかし筋腫による辛い症状から解放されたことを前向きに考えて、その後の人生を有意義に生きることが大切です。


posted by 美容の法則 女性の悩み 女性病 at 20:00 | Comment(0) | 子宮筋腫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子宮筋腫と過多月経

女性の体調の悩みに多いものは月経に関わるものですが、中でも過多月経は月経痛、月経不順に次いで多くの女性が悩んでいる症状です。

過多月経とは普通より経血の量が多かったり、期間が長引いたりすることをいいます。
大きな血液のかたまりが毎回混じる場合も過多月経と考えられます。

月経時の経血の量には個人差がありますが、一般的に月経期間中合わせて50グラムから100グラム、月経期間は3日から7日と言われます。
目安としてはナプキンが1時間もたない、外出に支障を来す程の経血の日が何日も続く場合は過多月経と判断できます。
しかし過多月経の明確な目安はないため放置されることが多いのが実情です。

過多月経の原因にはいろいろなことが考えられますが、病気が原因となって起こる器質性過多月経と、身体調整機能の失調が原因となって起こる機能性過多月経に分けられます。

器質性のものとして多いのが子宮筋腫で、経血量の多さに加えて月経痛や腰痛がひどくなるなど、頻尿、便秘、帯下の異常、下腹部痛などの症状が表れた場合には子宮筋腫の可能性を考える必要があります。
早めに婦人科で診察を受けるべきでしょう。

子宮筋腫による過多月経では月経による貧血に加え、筋腫に血液が奪われるため、貧血がさらにひどくなる恐れがあります。
また貧血により倦怠感や頭痛、めまいなどの症状も強くなります。
婦人科で適切な治療を受けるとともに、日頃から食事の中で鉄分を多く摂る心掛けが必要です。



posted by 美容の法則 女性の悩み 女性病 at 20:00 | Comment(0) | 子宮筋腫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子宮筋腫とホルモン療法

子宮筋腫で行われる薬物治療の一つにホルモン治療があります。
これは筋腫が大きく症状が重い場合や、手術前に出血を抑えるために行われる治療です。

子宮筋腫の発生と成長には女性ホルモンが深く関わっています。
それは卵巣から女性ホルモンが活発に分泌される年齢に子宮筋腫の女性が多く、初経前の女性に子宮筋腫はみられず閉経後には筋腫が小さくなることからも分かります。

ホルモン治療は脳の下垂体に働きかけて女性ホルモンの分泌を抑え、排卵を一旦止めることによって筋腫の縮小や症状を改善する治療方法で、偽閉経療法とも呼ばれています。

日本の一般的なホルモン治療ではGnRHアナログという薬が使われ、皮下注射や点鼻薬によってこの薬を摂取します。
副作用が強く、のぼせ、ほてり、肩こり、頭痛、不眠、動悸、発汗、うつ状態、肝機能障害、めまい、膣の乾燥など、更年期障害のような症状が表れることがあります。
またエストロゲンの減少によって骨密度が低下すると骨粗鬆症になることもあります。
このような副作用が非常に強い場合には、女性ホルモンを少量摂取することや、漢方薬を服用するなどの対応がされます。

皮下注射では4週間に1度の注射、点鼻薬の場合は1日2?3回噴射することになります。
副作用を考えて長期間の使用は向かず、連続で投与する場合には6か月までとされています。
またGnRHアナログは高価な薬であるため、治療に多額の費用がかかるという面も考慮する必要があります。



posted by 美容の法則 女性の悩み 女性病 at 20:00 | Comment(0) | 子宮筋腫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
他社製品では実感できない、マカ本来の“質”を体感ください
Hot Store, Inc.のマカは品質を最重視しています。
マカはどれもが同じではありません。
お身体の健康のために摂取するものですから、「安いから」「近くで売っていたから」という理由で購入してしまうのは全くの本末転倒です。
Hot Store, Incはマカ自体の素材にこだわり、マカ本来の力を最大限に引出す努力を日夜追求しています。
ぜひ一度、本物の“質”をご体感ください。
>> Hot Store, Inc. のこだわりマカ、詳しくはこちら
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。