総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事更年期障害 Pet

膣がんと外陰がん

膣がんと外陰がん
美容の法則 女性の悩み〜女性病編〜

女性に特有、あるいは女性に特に多いがんには、子宮がん、卵巣がん、乳がんがよく知られており、集団検診が行われるようになったことで初期症状さえもみられないうちから、早期発見が可能になりつつあります。
しかし、女性には他に、膣がんや外陰がんという特有のがんがあります。

jyaki.jpg
【膣がん】
比較的まれながんであること、50歳以上の高齢者に多くみられることから、あまり知られていません。膣(ちつ)に発生する悪性腫瘍(あくせいしゅよう)です。
早期症状は「ない」といっていいほど、無症状です。進行すると不正性器出血や帯下(たいげ)に血が混じるといった症状がみられるようになります。

【外陰がん】
大陰唇、陰核、小陰唇、などの外陰部に発生する悪性腫瘍です。
あまり知られていないかもしれませんが、女性特有のがん(婦人科のがん)のなかでは、子宮がん、卵巣がんに次いで多いがんです。
発生は60〜70歳代の高齢者に比較的多くみられ、閉経後、女性ホルモンが低下し、外陰部の委縮が誘因となっているのではないか、といわれます。若い人には、まれです。
このがんも子宮がんと同様、早期発見が非常に重要で、早期に発見された場合は、5年生存率は約75パーセントと言われます。

参考:子宮けいがんの5年生存率は、進行期別の平均は64パーセント
内訳:手術後
女性のがん 心のケア―乳がん・子宮がん・卵巣がん・大腸がん (TSUCHIYA HEALTHY BOOKS)1期は86.8パーセント
2期は67.5パーセント
3期は40.2パーセント
4期は14.7パーセント

子宮たいがんは平均74.1パーセント
内訳:手術後
1期は87.3パーセント
2期は72.8パーセント
3期は44.8パーセント
4期は13.5パーセント
posted by 美容の法則 女性の悩み 女性病 at 16:00 | Comment(0) | 子宮のがん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

他社製品では実感できない、マカ本来の“質”を体感ください
Hot Store, Inc.のマカは品質を最重視しています。
マカはどれもが同じではありません。
お身体の健康のために摂取するものですから、「安いから」「近くで売っていたから」という理由で購入してしまうのは全くの本末転倒です。
Hot Store, Incはマカ自体の素材にこだわり、マカ本来の力を最大限に引出す努力を日夜追求しています。
ぜひ一度、本物の“質”をご体感ください。
>> Hot Store, Inc. のこだわりマカ、詳しくはこちら
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。