総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事更年期障害 Pet

子宮がんの初期症状

子宮がんの初期症状
美容の法則 女性の悩み〜女性病編〜

早期発見により治癒の可能性があるということで、積極的に集団検診の普及が進められている癌のひとつに「子宮がん」があります。子宮がんは、女性特有の性器である「子宮」にできたがんをいいます。

女性の性器は、大きく「外生殖器(がいせいしょくき)」(「外陰部(がいいんぶ)」とも呼ばれます)と「内生殖器(ないせいしょくき)」で構成され、生殖(せいしょく)という重要な役割を担います。
外生殖器は、「恥丘(ちきゅう)」、「大陰唇(だいいんしん)」、「小陰唇(しょういんしん)」、「陰核」(「クリトリス」とも呼ばれます)、「膣前庭部(ちつぜんていぶ)」、「外尿道口」、「膣口」、「大前庭腺(だいぜんていせん)」(「パルトリン腺」とも呼ばれます)、「処女膜」、「会陰」から成ります。

一方、内生殖器は、「卵巣(らんそう)」、「卵管(らんかん)」「子宮(しきゅう)」、「膣」から成りたちます。

女性特有の病気が疑われる体調の乱れに、1.月経の異常、2.不正性器出血、3.下腹部痛、3.乳房の異常、などがあります。このうち、2の不正性器出血は、子宮がんの初期症状のひとつです。
子宮がんには2種類あり、ひとつは「子宮頸癌(しきゅうけいがん)」、もうひとつは「子宮体癌(しきゅうたいがん)」です。
妊娠しておらず、40〜60歳代に多く、おりもの、ひん尿、下腹部痛を伴う場合には、「子宮けいがん」が疑われます。また、やはり妊娠しておらず、もう少し年齢が絞られ、50〜60歳に多く、おりもの、下腹部痛がみられる場合には、「子宮たいがん」の疑いがあります。
いずれも婦人科の早急な受診が求められます。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


posted by 美容の法則 女性の悩み 女性病 at 05:20 | Comment(0) | 子宮のがん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

他社製品では実感できない、マカ本来の“質”を体感ください
Hot Store, Inc.のマカは品質を最重視しています。
マカはどれもが同じではありません。
お身体の健康のために摂取するものですから、「安いから」「近くで売っていたから」という理由で購入してしまうのは全くの本末転倒です。
Hot Store, Incはマカ自体の素材にこだわり、マカ本来の力を最大限に引出す努力を日夜追求しています。
ぜひ一度、本物の“質”をご体感ください。
>> Hot Store, Inc. のこだわりマカ、詳しくはこちら
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。