総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事更年期障害 Pet

子宮筋腫と経過観察

子宮筋腫は良性の腫瘍で緊急性の低い病気です。
子宮筋腫があると診断された場合でも、全く症状のない場合も多くあります。
症状がない場合や筋腫が大きくなっている様子がない場合には、特別な治療を行わないのが一般的です。
この場合、経過観察という措置が取られますが、これはただ放置してよいという意味ではなく、定期的に検診を受けて観察する必要があるという措置です。

特に年齢的に閉経が近い女性では子宮筋腫が大きくなっていても経過観察の措置が取られることが多くあります。
それは閉経後には筋腫の発育が止まり、その後はほとんどの筋腫が小さくなるからです。

反対に20歳代、30歳代では年齢的にその後筋腫が大きくなる可能性が高く、何かの症状が表れる可能性が高いと考えられます。
そのため経過観察といっても定期検診を忘れずに受けることが大切です。

経過観察中に注意すべきことは、帯下(おりもの)や月経の変化です。
異常に気がついたら早めに受診し、必要に応じて治療を受けることになります。
また筋腫があると貧血になりやすいため、毎日の食事で鉄分を多く摂るように心掛けるようにします。

貧血の程度によっては経過観察中に鉄剤が処方されることもあります。
また病院によっては食事内容や生活習慣の見直しによって筋腫の発育を遅らせる試みが行われます。

子宮筋腫の発育や他の臓器への影響は予測ができません。
経過観察は筋腫の変化にいち早く対応するための重要な措置なのです。



posted by 美容の法則 女性の悩み 女性病 at 20:00 | Comment(0) | 子宮筋腫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

他社製品では実感できない、マカ本来の“質”を体感ください
Hot Store, Inc.のマカは品質を最重視しています。
マカはどれもが同じではありません。
お身体の健康のために摂取するものですから、「安いから」「近くで売っていたから」という理由で購入してしまうのは全くの本末転倒です。
Hot Store, Incはマカ自体の素材にこだわり、マカ本来の力を最大限に引出す努力を日夜追求しています。
ぜひ一度、本物の“質”をご体感ください。
>> Hot Store, Inc. のこだわりマカ、詳しくはこちら
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。