総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事更年期障害 Pet

子宮筋腫と診断

子宮筋腫は良性の腫瘍であるため、放置して生命に関わる事態に至ることはありませんが、不快な症状や筋腫の発育が進んでいる場合にはできるだけ早く診断を受けることが望まれます。

子宮筋腫の診断は婦人科、産婦人科で受けられ、一般的に問診、触診、超音波検査が行われます。
問診は問診票、もしくは口頭によって現在の症状や過去の病歴、初経年齢、月経周期などに答えます。

触診では膣内に挿入した指と下腹部に当てた手によって子宮や卵巣の状態を調べます。
子宮の後ろ側にも筋腫があるかを調べるために、肛門と膣から調べる直腸診という方法もあります。

小さい筋腫や正確な位置、数を特定するために超音波検査も行われています。
超音波検査には経腹法と経膣法があります。
経腹法では腹部に超音波を送受信する器具を当てて内部画像を映し出す方法で、10センチ以上の大きな筋腫の検査に適しています。
経膣法では膣に細い器具を挿入して内部を映し出す方法で、小さな筋腫でも高い診断率で発見することができます。

粘膜下筋腫の疑いがある場合には子宮鏡検査が行われます。
これは膣から挿入した子宮鏡で子宮内腔を直接観察することができる診断です。

また最近ではMRIによる診断も普及しています。
これは超音波検査で腫瘍があった場合や診断ができなかった場合に行われる検査です。
MRIを持たない病院ではCT検査が行われることもあります。

こういった検査の他にも触診や超音波検査の結果によって、必要に応じて特別な検査が行われることもあります。




posted by 美容の法則 女性の悩み 女性病 at 20:00 | Comment(0) | 子宮筋腫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

PING送信プラス by SEO対策

他社製品では実感できない、マカ本来の“質”を体感ください
Hot Store, Inc.のマカは品質を最重視しています。
マカはどれもが同じではありません。
お身体の健康のために摂取するものですから、「安いから」「近くで売っていたから」という理由で購入してしまうのは全くの本末転倒です。
Hot Store, Incはマカ自体の素材にこだわり、マカ本来の力を最大限に引出す努力を日夜追求しています。
ぜひ一度、本物の“質”をご体感ください。
>> Hot Store, Inc. のこだわりマカ、詳しくはこちら
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。