総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事更年期障害 Pet

子宮頸がんワクチン、11〜14歳へ優先接種を

日本産婦人科学会が提言

 日本産科婦人科学会(吉村泰典理事長)などは16日、同日に正式承認された子宮頸(けい)がんワクチンについて、11〜14歳女子への接種を優先し、その接種費用は公的負担すべきだとの提言を発表した。ワクチン接種で子宮頸がんの発生は7割以上減り、接種費用を負担しても医療費の抑制になるとしている。
 提言は日産婦のほか、日本小児科学会(横田俊平会長)と日本婦人科腫瘍学会(稲葉憲之理事長)も参加した。

 子宮頸がんワクチンは病気の原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)の感染を防ぐ。英系製薬会社グラクソ・スミスクラインの「サーバリックス」が16日、厚生労働省から販売承認を受けた。年内にも発売する見込み。希望者が自己負担で受ける任意接種で、現段階で接種費用は未定だが「海外では3万円程度」(日産婦)という。
(2009年10月16日)

美味しくデトックス




posted by 美容の法則 女性の悩み 女性病 at 08:16 | Comment(0) | 子宮ガン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。