総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事更年期障害 Pet

女性のがん

女性のがん
美容の法則 女性の悩み〜女性病編〜


女性のがん 心のケア―乳がん・子宮がん・卵巣がん・大腸がん (TSUCHIYA HEALTHY BOOKS)
女性特有のがん、女性に特に多いがんには、
子宮がん
卵巣がん
乳がん
膣がん
外陰がん
などがあります。

→続きの記事を読んで見る
posted by 美容の法則 女性の悩み 女性病 at 08:57 | Comment(0) | 子宮のがん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

がんの自覚症状

見積依頼しても、営業電話は一切行いません。生命保険を自分でゆっくり選ぶなら、こちら

がんの自覚症状

発見が原則です。とはいえ、がんは、皮肉なことに「自覚症状」がほとんどなく、ないままに進行していってしまうのが、特徴です。それでも以下のような症状が、初期症状として挙げられています。このような症状が少しでも感じられたら、迷わず専門医の診察を受けましょう。
・子宮がん・・・1.不正性器出血、2.おりものがある。
ただし、自覚症状がないことも多いです。公的な集団検診の対象となっているがんでもあります。40歳以上に発症が多くなります。ある程度の年齢になったら定期的に検診を受けることが大切です。

・乳がん・・・1.乳房にしこりがみつかる。2.乳嘴からわずかな出血があることもあります。

・胃がん・・・ときどき空腹のときに胃が痛むといった程度で、自覚症状がないことがほとんどです。定期検診が非常に大切となります。

・膀胱がん・・・1.血尿。
肉眼では見えない血尿のこともあります。やはり定期的に尿検査を受けることが必要です。

・皮膚がん・・・1.皮膚にいぼがある。2.なかなか治らない潰瘍がある。

・喉頭がん・・・1.声がかれる。
喫煙者は特に注意が必要ながんです。喫煙者で最も発生の確率が高いがんが「喉頭がん」、次は男性では「肺がん」、女性は「膀胱がん」となります

・白血病・・・1.原因不明の貧血。2.疲労
血液検査が必要です。

・肝臓がん・・・1.疲労、2.やせる。
定期的な検診(血液検査)が必要です。喫煙者は特に要注意。

・舌がん・・・1.舌にしこり。2.虫歯のあたるところに潰瘍がある。

がんの早期発見と治療の手引き―知っていればこわくない (ホーム・メディカ安心ガイド)

がんの早期発見と治療の手引き―知っていればこわくない (ホーム・メディカ安心ガイド)

  • 作者: 小川 一誠
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2005/07
  • メディア: 単行本





posted by 美容の法則 女性の悩み 女性病 at 09:02 | Comment(0) | 子宮のがん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

公的集団検診

子宮がん
公的集団検診
美容の法則 女性の悩み〜女性病編〜

女性のがん 心のケア―乳がん・子宮がん・卵巣がん・大腸がん (TSUCHIYA HEALTHY BOOKS) がんの治療のカギは、何と言っても早期発見です。早期発見がすべて!と言ってもいいかもしれません。
たとえば子宮がんでは、不正性器出血や下腹部痛などの初期症状がありますが、実際、初期症状が何もなくがんが進行していることもあります。初期症状が出たら、専門の医師の診察(子宮がんが疑われる場合は、婦人科)を受けるのは当然ですが、何も症状がなくても定期的に検査を受けることが何よりも大切なのです。
とはいえ、なかなか検査費用の負担は馬鹿にできません。そのため各市町村では、公的に集団検診を行うことで検査費用の負担を軽くする取り組みをしています。
現在、がんの早期発見率が急速に高まったのは、この公的集団検診の成果だと言われています。
ただし、集団検診は、対象者の年齢制限があること、またあくまで一次検診なので、一次検診で異状がみつかったら二次検診、つまり精密検査を受けることが大切です(詳細は、ご自身の市町村役場へお尋ねください)。
現在、市町村単位で行われている集団検診と、その一般的な内容、および対象年齢は、次の通りです。

・子宮がん・・・30歳以上の女子が対象。
一次検診は、1.問診、2.視診、3.子宮頸部と体部の細胞診、4.内診
・乳がん・・・30歳以上の女子が対象。
一次検診は、1.問診、2.視診、3.触診、4.超音波、5.X線撮影
・肺がん・・・40歳以上の男女。
一次検診は、1.問診、2.胸部X線撮影、3.喀痰細胞診
・胃がん・・・40歳以上男女。
一次検診は、1.問診、2.胃部X線撮影(間接撮影6枚撮り原則)
・大腸がん・・・40歳以上男女。
一次検診は、1.問診、2.便潜血反応






posted by 美容の法則 女性の悩み 女性病 at 11:19 | Comment(0) | 子宮のがん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

がんの検診

ガン予防、対策に抗ガン漢方薬・天仙液!資料を無料でお送りしております。

がんの検診
美容の法則 女性の悩み〜女性病編〜

最新 検査のすべて―定期健診、病院での検査、がん検診、人間ドック、精密検査などの詳しい内容がよくわかる (主婦の友ベストBOOKS) 早期発見は大切なことは皆さんもご存知だと思いますが、子宮がんに限らず、肺がん、胃がん、乳がんなどの早期発見に現在威力を発揮しているのが「集団検診」です。この集団検診には国の補助があるため、少ない負担で受けることができます。
胃がんの集団検診では、問診(もんしん)や胃のX線撮影が行われます。また子宮がんでは、問診と視診(ししん)、内診(ないしん)、子宮頸部(しきゅうけいぶ)および体部(たいぶ)の細胞診(さいぼうしん)が行われ、確かに成果があがっています。
ただし、実際、集団検診では発見できない場合も多いのです。また、集団検診には年齢制限があります。「40歳以上」という規定があるのは、胃がん、肺がん、大腸がんです。そして「30歳以上」は、子宮がん、乳がんです。
確かに、子宮がん(子宮たいがんと子宮けいがん)の場合、子宮たいがんは50〜60歳代に発生し、子宮けいがんでは40〜60歳代に多くが発生します。
しかし、あくまで一般的な年齢のピークをいっているのであり、もっと早い年齢で検診を受けておくほうが安全でしょうし、不正性器出血や下腹部痛などの初期症状(もちろん子宮がん以外の他の疾患の可能性が高いのですが)がある場合は、自発的に検診を受けることが必要です。

たとえば、胃がんでは、集団検診の問診(もんしん)や胃のX線撮影以外に、もっと精密にX線二重造影法や集団検診では、問診(もんしん)や胃のX線撮影や内視鏡(ないしきょう)などによって、非常に精密な検査が可能です。
胃がん以外でも、腫瘍マーカー検査や細胞診などで診断したり、CTスキャン、内視鏡、超音波診断、血管造影、アイソトープ、磁気共鳴画像診断装置(じききょうめいがぞうしんだんそうち)(MRI)などにより、初期がんでも発見が可能になりつつあります。

自分でできる郵送検診申込セット 子宮がん・カンジダトリコモナス

西洋医学だけでは充分なガン治療とは言えません!資料を無料でお送りしております。
posted by 美容の法則 女性の悩み 女性病 at 09:32 | Comment(0) | 子宮のがん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

集団検診

TV、新聞、グルメ〜ファッション〜エコ雑誌まで、みんなが食べるヘンプに大注目!!

集団検診
美容の法則 女性の悩み 女性病編

子宮がんは、早期発見によって治すことができる病気です。したがって下腹部痛や不正性器出血など、初期症状のうちに専門の医師に受診することが絶対に必要ですが、自覚症状がなくても定期的に検診を受けることはそれ以上に重要です。
→続きの記事を読んで見る
posted by 美容の法則 女性の悩み 女性病 at 15:33 | Comment(0) | 子宮のがん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。