総合トップトップページ新着情報20世紀の出来事更年期障害 Pet

非妊娠時の不正性器出血


レディーズプエラリア99%(330mg×60粒)2か月分




非妊娠時の不正性器出血
美容の法則 女性の悩み〜女性病編〜

子宮・卵巣の病気を防ぐ―よくわかる婦人科検診の最新情報 (健康日本21推進フォーラムブック)


子宮がんの初期症状の代表的なものが「不正性器出血」です。ただし、このような症状がみられたら、子宮がんであるというわけではありません。実際には、さまざまな女性特有の病気の可能性があります。
実際、子宮がんも含めてどのような病気が考えられ得るのか、より細かい症状と共に考えてみたいと思います。
子宮がんは、子宮たいがんと子宮けいがんにわけて考えます。

子宮がんの場合、「妊娠していないのに不正性器出血がある」というのが第1の要件です。妊娠している場合に不正性器出血があるのは、また問題が別で、妊娠前期ならば流産や子宮外妊娠の可能性が、妊娠後期(7か月以降)ならば早産や前置胎盤の可能性があります。

では、「妊娠していないのに不正性器出血がある」という場合、さらに2つにわかれます。
・性交に関係する場合で、不正性器出血がある場合

1.子宮けいがん、
2.子宮頚管ポリープ、
3.子宮膣部びらん

以上の可能性があります。
・性交とは関係ない場合
1.子宮たいがん、
2.機能性子宮出血、
3.子宮筋腫、
4.子宮内膜炎、
5.血液疾患

以上の可能性があります。

ただし、1,2のいずれにおいても、子宮けいがんと子宮たいがんの可能性は他の疾患と比べて低いのが事実です。いずれにしても不正性器出血がある場合は、一刻も早く専門の医師(婦人科、あるいは内科)を受診すべきでしょう。


posted by 美容の法則 女性の悩み 女性病 at 07:34 | Comment(0) | 子宮のがん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子宮たいがんの進行度と治療

48時間採取の新鮮なローヤルゼリー


子宮けいがんの進行度と治療
美容の法則 女性の悩み 女性病編
子宮がんには、子宮のどこにがんができるかによって、子宮けいがんと子宮たいがんにわかれます。どちらも不正出血などの初期症状の段階で早期発見できれば、その治癒の可能性が見込める病気です。ただし、手術によって子宮を失うことへの不安や失望、また術後の性生活への不安など、治療に当たっては、患者さんご本人だけでなく、ご主人やパートナー、ご家族の方々の物理的、精神的協力が不可欠です。

・子宮たいがんの進行度
1期・・・がんが体部にのみできた状態。
2期・・・がんが子宮体部と頸部にまでおよんでいる状態。
3期・・・がんが子宮外にまで広がるが、まだ骨盤内にとどまっている状態。
4期・・・膀胱粘膜や直腸粘膜にがんが広がっている。あるいは骨盤外にまで広がっている。まわりの臓器に転移したがんの状態。


・子宮たいがんの治療
同じ子宮がんでも、子宮けいがんの場合は、比較的放射線療法が有効であるのに対し、子宮たいがんは放射線療法があまり効きません。そのため手術が主となりますが、放射線療法に化学療法を加えて行われることもあります。

がんの治療には、子宮がんに限らず、手術療法、放射線療法、化学療法などがあります。いずれのがんにおいても、手術療法によってがんを取り除くことが治療の中心となります。それで取りきれてしまえば、がんを根治できるのですが、それはあくまでも早期発見が絶対条件となります。
がんが進行しており、手術では対応し得ない場合、あるいは体力のない人(老人など)や合併症のある人は手術を受けられません。そのような場合は、放射線療法や化学療法が治療法として選択されます。

幸せながん患者になるのだ!―子宮頸部腺がん治療記録

幸せながん患者になるのだ!―子宮頸部腺がん治療記録

  • 作者: 栗原 菫
  • 出版社/メーカー: 文芸社
  • 発売日: 2007/10/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)





posted by 美容の法則 女性の悩み 女性病 at 12:52 | Comment(0) | 子宮のがん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子宮けいがんの進行度と治療





雑誌掲載実績では、他社を圧倒!
『着る服が変わった』成功者続出!
【レディーズプエラリア99%(330mg×60粒)2か月分】
   Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

子宮けいがんの進行度と治療
美容の法則 女性の悩み〜女性病編〜

子宮がんは、早期発見によって治癒の可能性が望める病気です。
「初期症状(不正出血」の段階で発見できれば、治療の選択肢も、治癒の可能性もぐんと大きくなるはずです。

子宮けいがんの治療は、その進行の時期によって手術と放射線療法を単独または併用して行います。
子宮けいがんは、90パーセントが「扁平上皮がん(へんぺいじょうひがん)」です。上皮内がん(じょうひないがん)の段階を0期として、以下のように1期から4期へとわかれます。

・子宮けいがんの進行度
1期・・・子宮けいがんは、まず頸部(けいぶ)にのみできたがんから始まります。
2期・・・がんが子宮の周囲の組織をおかしています。しかしまだ骨盤壁(こつばんへき)までには達していません。または、膣(ちつ)下3分の1に達していません。
3期・・・膣下3分の1に達し、子宮周囲の組織および骨盤壁に達しています。
4期・・・膀胱粘膜(ぼうこうねんまく)または直腸粘膜(ちょくちょうねんまく)にまでがんが広がります。骨盤外にまで広がったがん、またはまわりの臓器に転移した状態です。


・子宮けいがんの治療
治療は、0期においては、「単純子宮全摘出術」が主な治療法となります。これは子宮だけを全部摘出する手術です。
2期になると、「広汎子宮全摘出術(こうはんしきゅうぜんてきしゅつじゅつ)」になります。これは骨盤結合組織とそのリンパ節をとる手術です。
さらに3期以降になると、放射線療法へと進むことになります。
再発や転移の例も少なくないことから、治療後の検査の継続は不可欠です。


女性の心の病気を治す本

女性の心の病気を治す本

  • 作者: 山田 和男
  • 出版社/メーカー: 主婦と生活社
  • 発売日: 2006/04
  • メディア: 単行本




posted by 美容の法則 女性の悩み 女性病 at 11:35 | Comment(0) | 子宮のがん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子宮たいがん

低反発枕「お医者さんのぐっすりまくら」 Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

子宮たいがん
美容の法則 女性の悩み 女性病編

子宮がん・卵巣がんの治療法と術後の暮らし方

子宮がん・卵巣がんの治療法と術後の暮らし方

  • 作者: 宇津木久仁子
  • 出版社/メーカー: イカロス出版
  • 発売日: 2008/12/15
  • メディア: 単行本




子宮たいがんは、子宮体部(しきゅうたいぶ)にできるがんです。現在はまだ、子宮けいがんのほうが圧倒的に多いですが、急速に増加しつつあります。欧米では、子宮たいがんと子宮けいがんの比率はほぼ同数とされています。
子宮けいがんは、性交渉との関係が指摘されていますが、子宮たいがんについてはそのようなことはありません。逆に、妊娠、出産を経験したことのない人に多くみられます。むしろ、体型として肥満の人、また高血圧や糖尿病の人に多く、脂肪の過剰摂取が関係しているのではないかという説もあります。欧米で子宮たいがんと子宮けいがんがほぼ同率で、日本でも子宮たいがんが増えていることからもそれは示唆されます。

子宮たいがんは、
細胞診(さいぼうしん)、
組織診(そしきしん)、
子宮鏡診(しきゅうきゅうしん)

などで行います。
細胞診(さいぼうしん)とは、小さな組織を採取してがん細胞が存在するかどうかを調べる検査を言い、「子宮膣吸引法(しきゅうちつきゅういんほう)」を用います。

子宮たいがんの初期症状は、子宮けいがんと同様、不正出血がみられることです。子宮たいがんの場合は、比較的早くから出血があります。また帯下もあり、やがて痛みを伴うようになると、全身症状(貧血など)へと進行します。そうなる前に、婦人科の受信が必要です。

子宮たいがんの場合、
1期で発見できれば、5年生存率は83パーセントです。
この数値からもわかるように、早期発見が非常に重要です。

女性の病気百科―気になる体の悩みや症状がわかる (主婦の友ベストBOOKS)

女性の病気百科―気になる体の悩みや症状がわかる (主婦の友ベストBOOKS)

  • 作者: 池下 育子
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • 発売日: 2008/08
  • メディア: 単行本





posted by 美容の法則 女性の悩み 女性病 at 13:06 | Comment(0) | 子宮のがん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子宮けいがん



 
たるみ解消、横顔すっきり! b.glen小顔クリーム   Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

子宮けいがん

メディカルDomani-女性のための病気&名医バイブル (小学館実用シリーズ LADY BIRD)

メディカルDomani-女性のための病気&名医バイブル (小学館実用シリーズ LADY BIRD)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2007/02
  • メディア: 大型本


ふたつの子宮がん:子宮けいがんと子宮たいがんのうち、子宮けいがんは、子宮頚部(しきゅうけいぶ)にできる癌です。子宮がんのなかでは、圧倒的に子宮けいがんが多数を占めます。
子宮けいがん:子宮たいがん=7:3
という割合です。ただし、以前は、20:1だったことを考えると、子宮たいがんの急激な増加に関心が集まっています。
子宮けいがんは、50歳代が最も多く、40〜60歳代で全体の75パーセントを占めます。
子宮たいがんの違いのひとつとして、妊娠、出産回数の多い人、若い時から性交渉を経験した人、および初めて妊娠した年齢が若い時だった人などに多いという特徴があります。
そのため、子宮けいがんは性交との関係が示唆されます。
まだはっきりとした原因究明にはいたっていませんが、男性器の恥垢(ちこう)、精液のタンパク質などと何らかの関係があるのではないか、と見られています。
子宮けいがんの診断は、細胞診(さいぼうしん)といって、小さな組織を採取してがん細胞が存在するかどうかを調べる検査をし、さらに膣拡大鏡診(ちつかくだいきょうしん)を行うことで発見の確率が高まります。
さらに浸潤(しんじゅん)を調べる検査やリンパ管造影などを行い詳しく調べることもあります。

子宮けいがんの初期症状は、まずは
1.出血、
2.帯下(たいげ)、
3.下腹部痛、
4.排尿困難・排便困難、
5.栄養障害、
6.貧血

といったように進行します。
初期症状で何か少しでも異変に気がついたら、とりあえず婦人科の診察を受けるべきです。

女性のからだの整体法―からだの悩みを解消する6つのテーマと四季のお手入れ

女性のからだの整体法―からだの悩みを解消する6つのテーマと四季のお手入れ

  • 作者: 野村 奈央
  • 出版社/メーカー: 七つ森書館
  • 発売日: 2003/03
  • メディア: 単行本



posted by 美容の法則 女性の悩み 女性病 at 15:55 | Comment(0) | 子宮ガン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生命保険の主契約と特約

簡単!便利!みんなの保険比較サイト保険モール  Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

生命保険の主契約と特約
美容法則 女性の悩み 女性病編

新版 生命保険はこうして選びなさい

新版 生命保険はこうして選びなさい

  • 作者: ダイヤモンド社+生活設計塾クルー
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2008/11/29
  • メディア: 単行本


卵巣がんなど、病気にかかった場合に生命保険の保険金請求を行いますが、給付されると思っていた給付金が、実際は給付されずにトラブルになる場合があります。
がんの種類によっても一部支払い対象とならない場合もあるのです。
生命保険の契約内容が複雑なのは、多くの場合、様々な機能を持つ保険を組み合わせているからです。

生命保険は、「主契約」と「特約」の組み合わせで成り立っています。
主契約は生命保険のベースとなる部分で、主契約のみの契約もできます。
一方、特約は主契約の保障内容を充実するために、主契約に付加して契約するもので、特約のみの契約はできません。
主契約で死亡保障のある保険は所定の高度障害状態になった時に、死亡保険金額と同額の高度傷害保険金が受け取れますが、高度傷害保険金を受け取った時点で契約が消滅してしまうので注意が必要です。
付加できる特約の保険金額や給付額は生命保険会社により異なります。
特約の保険期間は通常、主契約の保険期間や保険料払い込み期間と同じです。
ただし、終身保険や個人年金保険の終身年金に疾病入院特約や災害入院特約を付加する場合、原則80歳までこれらの特約を継続できることになっているので、この特約も注意が必要です。
保険会社によっては、この特約が一生涯続くものもあります。
また、同じ名まえの特約であっても、生命保険会社によって保障内容や給付条件が異なる場合があるので、よく内容を理解したうえで契約することが重要になります。
入院日数が入院給付金をもらえる日数に足りなくても、手術給付金はもらえる場合もあります。
卵巣がんなどになって、もらえるべき給付をもらえるようにするためにも、主契約・特約の内容は、保険の約款をよく読んで、内容を確認する必要があります。

保険モール/各社がん保険の保険料をネット上でリアルタイム検討


posted by 美容の法則 女性の悩み 女性病 at 02:38 | Comment(0) | 卵巣がん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

早期発見

Hot Store, Inc. のマカは“質”重視。  Powered by A8.net
momobgyoko.JPG

子宮がん
早期発見
美容の法則 女性の悩み 女性病編

もっと知りたい 子宮がん・卵巣がん

もっと知りたい 子宮がん・卵巣がん

  • 作者: 加藤 友康
  • 出版社/メーカー: 保健同人社
  • 発売日: 2008/03/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


早期に発見されれば、治癒の可能性があるがんのひとつに「子宮がん」があります。子宮がんは、子宮のどこにできるかで、2種類にわかれます。子宮の上3分の2の「子宮体部(しきゅうたいぶ)」にできるのが、「子宮体癌(しきゅうたいがん)」、子宮の下3分の1の「子宮頸部(しきゅうけいぶ)」にできるがんが、「子宮頸癌(しきゅうけいがん)」です。
確かに早期発見により治癒可能ですが、場所が骨盤(こつばん)に近いことから、放っておくとがんが膣(ちつ)、骨盤へと入り込み、骨盤内の多くのリンパ節やその他のリンパ節から全身へとあっというまに転移してしまいます。

初期症状は、子宮けいがんも子宮たいがんも、いずれも妊娠していないのに不正性器出血がみられること、下腹部痛、おりもの、などがみられます。
子宮けいがんでは、性交渉のあとに出血があって気づくことがあります。出血のあとには、帯下(たいげ)(=こしけ)があり、症状が進行すると、独特の腐敗臭が強まることから異常とすぐにわかります。
帯下というのは、成人女性ならば通常あるものですが、異常があると膿性(のうせい)、血性(ちせい)、肉汁様(にくじゅうよう)となります。
症状がさらにすすむと下腹部痛や、排尿・排便困難がみられるようになります。
一方、子宮たいがんは、比較的早期から不正出血と帯下がみられます。その後、痛みを伴うようになり、やがて貧血などの全身症状がみられるようになります。



posted by 美容の法則 女性の悩み 女性病 at 05:52 | Comment(0) | 子宮のがん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。